@include

  i18n

Play1.3.0からは@includeによる設定ファイル取込ができるようになった。
今までは1つのファイルに全画面の設定を記述していたのを細分化して管理しやすくなっている。

例えば、/conf/_messages/default/login というファイルをインクルードする場合は、messagesファイルに下記のように記述する。

@include.login=./_messages/default/login

@include.login となっているのは、messagesファイルがプロパティファイルとして扱われていて、全てキーと値として読み込まれているため。同一のキーがあると後に記述したもので上書きされてしまう。
取り込むファイルごとに識別子を分けて@includeを記述する必要がある。

 

 

LEAVE A COMMENT